舐め犬活動再開しました!

甘えん坊な女子大生をクンニ!ピチピチのお肌に「アレ」をつけちゃいました!@仙台市・立町

感じやすい美少女

8月にお問い合わせいただいた、ユメちゃん(仮名)とお会いすることになりました~!

舐め犬 お問い合わせフォーム

ユメちゃんは10代の女子大生です!
(うひょー!)
濡れやすい体質だそうで、すぐにオマ○コがビチョビチョになっちゃうんだとか!
普段は電マを使ってオナニーをしちゃうエッチな女の子です!

待ち合わせは国分町のドン・キホーテです。

国分町ドンキホーテ

久々のクンニでしたので、舌のザラザラ感がなくなるほど、念入りに舌を磨いてからドンキに向かいました!
「銀だこ」の前で待っていると、横断歩道からひとりの美少女が歩いてきます!
(ドキドキ・・・あれはもしや・・・)
軽く会釈をするとユメさんもこちらに気づいて微笑んでいました。
「こんにちは~」
「こんにちは♪」

ユメちゃん

ユメちゃん
  • 18歳
  • 151センチ
  • Aカップ

お目目がパッチリしていて、顔がちっちゃくて可愛い!
そして、声も超可愛い!
めちゃアニメ声です!
私はもうすでにメロメロ!

ユメちゃんに勃起しているのがバレないように、前かがみになりながらホテルまで歩きます。

2分ほどでホテルに到着。
今回利用したホテルは
「リズコート」

仙台 リズコート

リズコートを利用する理由のひとつが「タバコ臭くない」ということです。
国分町・立町のホテルは9割がヤニ臭いホテルです。
美少女の新鮮なオマ○コをタバコ臭い部屋で味わいたくありません。
お寿司やお刺身をパチンコ屋のホールで食べたいですか?
クンニをする環境も大切なのです。

リズコート ポイントカード

入室

仙台リズコート 部屋

底が厚めの靴を脱ぐと、ユメちゃんのサイズがひと回り小さくなりました。
(うひょー!早くナデナデしてペロペロしたいのう!)
私は餌を出されて「待て」されている犬のようにハァハァです。

「よかったらこれ飲んでください♪」
「ありがとうございます!」
お水を買ってきてくれたユメちゃん。
(優しい子や・・・)
ユメちゃんの甘酸っぱいエキスを吸う前に、私は『いろはすれもん』を一口飲みます。

仙台リズコート 部屋

濃厚なキスと愛撫

シャワーを浴びて準備が整いました。
部屋を暗めにしてベッドに移動します。
「緊張します・・・」
きゃわいい声がたまりません!
この声がエッチな声になったら、いったいどうなってしまうのでしょうか!

「汗をかきやすいので恥ずかしいです」
エアコンを低めに設定します。
「うふふ・・・」
ユメちゃんは緊張して照れ笑いをしています。

バスローブの袖で小さなお手手が隠れていました。
隣に座ってギュッと握っていきます。
(ニヤリ・・・)
お手手が汗でしっとりとしていました。

お耳を優しく触ります。
「いやん!」
なんという可愛い反応でしょう!

ふ~っと息を吹きかけてみます。
「いやぁ・・・ううん・・・」
小さな体をピクピクさせながら感じています。
「耳弱いの・・・」
敏感とは聞いていましたが、想像以上です。

ぽっぺたにキスをしていきます。
「いやん・・・あぁ・・・」
そしてお耳にもキスをしていきます。
「ああん・・・ううん・・・」
感じ方が可愛すぎです。

プニプニの唇にキスをしていきます。
「んん・・・」
するとユメちゃんは舌をいやらしく絡めた積極的なキスをしてきます!
(うひょー!)
10代の女の子特有の甘い味がします。
天然のビタミンCが豊富に含まれていました。

バスローブのボタンを外していきます。
お肌は当然ピチピチです。
ギュッと抱きしめながら肩にキスをしていきます。
「いやぁ・・・あん・・・」
肩から腕、手首をペロペロします。
どこを舐めてもピクピク反応してくれるので、舐め甲斐があります。

小さなお手手をつかみました。
(ニヤリ・・・)
指をパクリ食べます!
「やん・・・」
ユメちゃんは少し恥ずかしそうな表情をして感じています。
(きゃわ~!)
私はカニを食べるときのように、一本一本味わいながら舐めていきます。

ベッドに横になってもらいました。
お問い合わせ時に
「おっぱいは舐めなくて大丈夫です」
と言っていたユメちゃん。
でも、耳や首でこんなに感じるのに、おっぱいが感じないはずがありません。

「おっぱいは舐めなくていいの?」
「やだ恥ずかしい・・・小さいから・・・」
「だめ・・・」
一度は断られてしまいましたが、背中に手を回して小さな赤リボンのついた純白のブラを外していきます。
「いやっ・・・」
私は控えめなおっぱいが大好きですよ!

おっぱいを舐める前に、ユメちゃんにまたキスをします。
さっきよりも舌の絡め方がエッチになりました!

キスをしたあとは、ユメちゃんの腕をあげて、腋の下をペロペロします!
「ひやぁ・・・」
「くすぐったい?」
「気持ちいい・・・」
猫がちゅーるにガッツくときのように無我夢中で舐めます!
(うみゃー!)

腋舐めのあとはおっぱいです!
乳首をチューチューと吸っていきます。
「ああん・・・」
ムクムク・・・
すぐに乳首が立ってきました!

パンティーにもブラと同じく、小さな赤のリボンがついています。
乳首を舐めながら、純白のパンティーに手を伸ばしました!
ヌル・・・
パンティー越しからクチュっと音が聞こえるほど濡れています!
しかし、もう少し熟成させなければいけません。

お腹を愛撫したあとは、オマ○コを通り越して脚をペロペロします。
ユメちゃんの可愛い足を触ると、少しひんやりしました。
冷え性だそうです。
足の指をペロペロしゃぶっていきます。
「ひゃぁ・・・ああ・・・」
ユメちゃんは気持ちよさそうな顔をしていました。
(ニヤリ・・・)

足指をしゃぶりつくしたあとは、お待ちかねのオマ○コです!
「すっごい濡れてるよ」
「え?ほんとに?やだ・・・」
焦る気持ちを抑えながら、ゆっくりとパンティーに手をかけます。
(ゴクリ・・・)

スルスルと脱がせていきます。
パンティーを脱がすと、ユメちゃんの茂みが現れました!
(うーん、素晴らしい!)
オマ○コ周辺を愛撫していくと可愛い喘ぎ声が大きくなってきます。
「あん・・・いやん・・・」

舌先でビラビラをチロチロと舐めていきます。
「いやぁ・・・はぁ・・・あん!」
可愛い声に色気がミックスされてきました!
オマ○コはもうトロトロです。

ペロペロ・・・

「あああん!」
(美味い!)
久々に愛液を舐めました。
しかも美少女の!
格別に美味いぜ!

茂みの中に隠れたクリちゃんを優しくペロペロしていきます。
「ふぁぁ・・・いやっ・・・」
クリちゃんはもうコリコリに固いです。

ユメちゃんの手はしっとりと汗をかいていました。
その手をギュッと握りながら舐めていきます。
「はぁん・・・そこ気持ちいい・・・」
舌で包み込むようにして舐めていきます。

オマ○コを舐めていると、ユメちゃんが私の頭を両手で押さえてきました!
(ひえ~!エロすぎ!)
ユメちゃんのだんだん腰が浮いてきます!

今度はクリちゃんを吸引しながら舐めていきます!
「いやん・・・だめ・・・あああ・・・イキそう・・・」
リズムを変えずにペロペロしていきます。
「ああ・・・イッちゃう・・・」
「あぁ・・・あぁ・・・」

イッたあとはユメちゃんと長い時間キスをしていました。

キスマをつける舐め犬

「ちょっと休憩する?」
「うん!お水飲んでもいい?」
赤ちゃんがミルクを飲むように、両手でペットボトルを持ちながら、水を飲んでいます。
(きゃわ~!)

「ほかに何かしてほしいことある?」
そう聞くと、ユメちゃんは少し照れながらこう言います。
「キスマつけてほしい・・・」
「え?!キスマ?」
「だめ?」
「お、おう・・・汗」
お恥ずかしいことに、私はここ数年、女性にキスマークをつけたことがありません。
“キスマークをつけてはいけない女性”とばかりお会いするがあるからです笑

ドキドキしながらユメちゃんのスベスベのお肌に吸いつきます!
(あれ?こんな感じでよかったべか?)
クリちゃんを吸うのと同じ要領で吸っていきます。

ちゅーちゅー

「ああ・・・」
口を離すと、胸の上が真っ赤になっていました。

ユメちゃんは恍惚とした表情を浮かべています。
「ありがと・・・」
結局、4ヶ所ほどつけてしまいました~!
エロい!
わはは!

キスマをつかたあと、添い寝をしていると、ユメちゃんが私のチンチンを掴んできます!
「いつからおっきくなってたの?」
「うーん、たぶん初めのほうから笑」
「ふふ・・・」

ラブラブシャワー

「トイレ行っていい?」
バスローブはベッドの下に転がっていました。
拾ってユメちゃんに着せてあげます。

「暗いから気をつけてね」
脱衣所のドアを開けます。
「チューしてからがいい♪」
(えへへ・・・)
時計を見るともう3時間以上が経過していました。

「そろそろシャワー入ろうか。一緒に入る?」
「うん!一緒がいい♪」

うひょー!
ラブラブシャワー最高でござるよ~!

仙台リズコート 部屋

利用したホテル
ホテルリズコート
宮城県仙台市青葉区立町13-2