女性用お問い合わせフォーム

経験人数一人の清楚系色白お嬢様をクンニ@名取市

前戯の気持ちよさがわからない

彼に前戯をしてもらっても気持ちいいというか、何か違う気がします。自分でもよくわかりません。
とても丁寧で、そしてお堅い感じのメッセージをくれたシオンちゃん(仮名)。

現在、1年以上付き合っている彼氏がいますが「気持ちいい前戯」がわからないそうです。
というのも、シオンちゃんは今の彼氏としか経験がありません。
他の男性と比較することができないのです。

このような形で誰かとお会いするのは初めてなので、失礼ながら警戒しています
(おお……警戒されてる)

クンニ藤川

シオンちゃんのなかには警戒心と好奇心が共存していたのでしょう。
しかし好奇心が僅差で勝ってしまったようです。
(ニヤリ……)

検温

お会いする前日の夜に検温をしてもらいました。

私は36.2度、シオンちゃんは36.5度でした。
ご協力ありがとうございます。

蜃気楼?!

当日は名取市にある某大型ショッピングモールで待ち合わせ。
自粛が騒がれる前は、国分町・立町のラブホテルが私のホームグラウンドでしたが、今は完全に仙南方面がメインになりました。

駐車場に到着するとシオンちゃんからメッセージが届きます。

少し早いのですが到着致しました

入口の前で待っていると、白色のワンピースを着た女の子が小走りで駆け寄ってきます!

「は、はじめまして」


シオンちゃん
  • 年齢:21歳
  • 身長:158センチ
  • 交際:彼氏あり
  • クンニ以外の希望プレイ:背中舐め、指入れ

(うおおおお!)
発光しているかのように真っ白なお肌、染めていない綺麗でナチュラルな黒髪。
天然の長いまつ毛が印象的でまるでお人形さんのようです!
全体的に透明感がヤバい!
透明感がありすぎて蜃気楼を見たのかと思いました(笑)

私は鼻の下をビヨーンと伸ばしながら、シオンちゃんに話しかけます。

いや~こっち側に居たんですね(ニヤニヤ)

クンニ藤川

すると……

ここ道路なので危ないですよ
おおっ……

クンニ藤川

白いお肌に釘付けで完全に周りが見えなくなっていましたが、シオンちゃんは冷静でした(笑)

「どっちに乗りますか?」
彼氏や旦那さんがいる女性の場合、後部座席に乗ってもらうことが多いです。
でもかわゆいお顔を近くで見たかったので、自然に助手席のドアを空けていました!
聞いた意味がまったくありません(笑)

冷静で大人っぽく落ち着いた話し方のシオンちゃん。
横顔をちらっと見ると就活の面接にきた学生のようにガチガチに緊張していました。
「堅苦しいメッセージを送ってしまいすみません」
「いえいえ、そんなことないですよ」
箱入り娘のお嬢様感がすごいです!上品な香りがプンプンしてきます!
こんなお嬢様が私の品性の欠片もない”オマンコペロペロブログ”を読んでくれていたと思うと胸熱である。

ホテルルーチェに到着

ショッピングモールから近い「ホテルステイモア」を利用しようと思ったのですが、前回行ったときフロントが混雑していたので急遽変更。
ただでさえ緊張しているのに余計なプレッシャーを与えてはいけません。

そこから1キロ先の「ホテルLUCE(ルーチェ)」を利用しました。

無人のフロントなので部屋に入るまで誰とも遭遇しませんでした。

玄関でシオンちゃんは脱いだサンダルを綺麗に揃えます。
まだどこを見たらいいのかわからない様子でかなり緊張しているようです。

部屋は広くおしゃれな雰囲気です。

「こちらにお座りください」
「は、はい」
荷物を置いてソファーで少しお話をします。

「こ、これよかったらどうぞ」
「え?ありがとうございます!」


気を使っていただきありがとうございます!

嬉しい~

クンニ藤川

「僕もお水買ってきたので、よかったらどうぞ!」
「お水は自分のがありますので結構です」
「お、おう……」
緊張もあるのでしょうが、まったく心を開いていない感じです(笑)
オマンコを開くと同時に心も開いてもらわなければいけません!

緊張の舐め犬プレイ開始

そろそろシャワー入ります。
「荷物はお風呂に持っていって大丈夫ですよ」
「いいですか?すみません」
実際に会って話したからといっても警戒心が解けたわけではないでしょう。
舐め犬に限ったことではありませんが、初めて会った男性とホテルに行ったときはカバンごとお風呂に持っていったほうがいいと思います。

私がシャワーから出るとシオンちゃんはお水を飲んでいました。
バスローブ姿もめちゃくちゃ可愛いです!

そしてペットボトルをテーブルに置きました。

すると……

「えっ?!あっ、あ~!」

(むむむっ!)

なんとバスローブのヒモを締めておらずブラが丸見えになりました!
まるで道端でコートを御開帳する痴漢のような状態です(笑)

「あっち向いてるので直してくださいね」
「す、すみません……」

シオンちゃんはしゃがみながら胸元を隠しています。
意外におっちょこちょいな部分があるのかもしれません(笑)

ギャップ萌えです。

(ニヤリ……)

部屋の明るさを調整します。

調整つまみが4つもありました。
天井や床など細かな調整ができるので非常に便利です。

「暗いほうがいいですよね?」
「はい、お願いします」

ソファーに座っていたシオンちゃんの手を取ってベッドに誘導します。
「よろしくお願いします」
丁寧にペコっと頭を下げました。
真面目で大人しくエッチなことに慣れていないという印象です。
この段階ではシオンちゃんがエロいことをするイメージが湧いてきませんでした。

隣に座ってお手手をギュッと握っていきます。
指が細長く、お肌がサラサラです!

するとシオンちゃんも私の指をギュッと握り返してきました!
(おおっ……)
完全に受け身かな、と想像してたので意外なリアクションでした(笑)

絹のような黒髪をナデナデしていきます。
シャワーから出たあとはポニーテールをシュシュで束ねていました。

シオンちゃんの肩幅は30センチ弱しかありません。
二の腕は私の手首の一番細い部分と同じくらいの太さです。
「もっと太りたいんです」
痩せているのでマッサージ機に乗ると凸凹が当たって痛いのだそうです。
(そんな理由で太りたいとか……どんだけ~)

軽くハグをしていきます。
THE・華奢なので抱き心地が最高です!
するとシオンちゃんもギュッと抱き返してきました!
(うひょー!)
私は電子ケトルが沸騰するくらいの速さでガッチガチに勃起してしまいました(笑)
シオンちゃんに勃起したのを気づかれないように腰を引きながら愛撫を続けます。

彼氏の愛撫では気持ちよさを感じられなかったシオンちゃん。
まずは感度がどれくらいか調べていきます。

耳や首元にふーっと息を吹きかけました。

ぴくっ……

背骨がピンっと伸びました!
反応は悪くなさそうです。
恥ずかしそうにうつむいている姿が可愛すぎです。

小さなお耳の外側に下唇を這わせていきます。

ぴくっ……ぴくっ……

今度はお耳を舌先でなぞるように舐めていきます。
「んっ……」
小さな小さな喘ぎ声が出てきました!

「くすぐったい?」
「き、気持ちいいです……」
(なんだ感じやすいじゃんか!)

耳は慣れていないとくすぐったいと感じる方がいます。
気持ちいいと感じるのであれば感度は何も問題ないでしょう。
また、耳が感じる方は首も感じます。
バスローブを少しめくって首元にキスをしながら舐めていきます。

「うっ……」

シオンちゃんは気持ちよさを我慢する声を出しながら、こちらのカラダを撫でてくれました。
(え?意外に積極的?)
もしかしたらベッドに入るとキャラが変わってしまうタイプかもしれません!
またまたギャップ萌えです(笑)

反対側の耳を舐めるためにポジションを変えます。
光の角度でさっきよりも可愛いお顔がハッキリ見えました。

眉毛がきりっとして、鼻筋がすっと通っています。横顔が綺麗すぎです。
(うわぁ……めっちゃキスしてぇ……)
しかし、私欲のために望まれていないことをするのは舐め犬失格です。
グッとガマンをして頭をナデナデします。
「かわいいね」
そう言うと、シオンちゃんはちょっとオーバーな感じで首を横に振りました。

ベッドに横になってもらい、バスローブの紐をほどいていきます。
「うぅ……」
恥ずかしそうな表情をしています。

袖をゆっくり脱がしてあげたあと、私もバスローブを脱ぎました。
そしてシオンちゃんに抱きつきます。
「あったかいね」
「あったかい……」
全身がポカポカしています!
ムダ毛が一切ないツルツル美肌です!

目にかかりそうになっていた前髪を横に流してほっぺにキスをしていきます。
耳に唇が触れるとシオンちゃんはまたピクピクと反応していました。

顔を上げるとシオンちゃんはエッチな目をしながらこちらを見ていました。

その瞬間です!

チュッ……

なんとシオンちゃんは私の唇にキスをしてきたのです!

「ふふ、ちゅーしちゃったね」
「しちゃった♪」
そう言いながら小悪魔のような笑みを浮かべていました。
(これは可愛すぎてやばい……)

MAXテンションが上がった私はここから今世紀最大に丁寧な前戯を開始します!(いつもやれ)

背中に手を回して可愛らしいブルーの花柄ブラを外します。
パンティーはメッシュ素材のフリフリがついたTバックでした。

外したブラを枕元に置くとシオンちゃんは腕で乳首をガードしていました。
「やーだ!」
優しく腕を掴むと、甘えたわがまま口調になりました。
(きゃわ~)
天まで登るほどかわいいリアクションであります!

ガードを外したあとは、乳首の周辺をフェザータッチで触っていきます。
触るたびにビクビクと反応していました。
おっぱいはかなり敏感な予感がします。

乳首を軽くつまむとムクムクと大きくなってきました!
舐める準備体勢万端です!

まずは左乳首からペロペロしていきます。
「うぅ……」
控えめな喘ぎ声が聞こえてきました!

今度はチュパチュパと吸っていきます。
「んっ……んっ……」
「痛くない?」
「気持ちいい……」
(ニヤリ……)

舐めながら目を向けると、シオンちゃんはこちらを見ていました。
「やーだ、恥ずかしい……」
私はわざとガン見しながら舐めますが、シオンちゃんは目を逸らさず舐められている様子を観察していました。
(これはとんでもないドスケベなのでは?)

今まで彼氏におっぱいを愛撫された総時間(予想)を超えるほど、舐めまくりました。
色んな舐め方を試しましたが、シオンちゃんは舌の腹で押し付けながら舐められるのがお好きなようでした。

お嬢様のお美しいオマンコ

パンティーの上からオマンコの様子を探りにいきます。

サワサワ……

(むむむっ!)

私はあることに気がついてしまいました!
おそらくシオンちゃんはパイパンです。
ザラザラとした手触りがありません。
パンティーがメッシュ素材だったのでわかりやすかったです。
私は福袋を買った帰り道にSNSの他人の投稿で中身を見てしまったときのような気持ちになりました(笑)

パンティーの上からオマンコを触ろうとしますが、シオンちゃんは脚を閉じて触らせてくれません。
「ヤダ……」
腰をクネクネ、脚をモジモジさせています。

なんとか脚を開いてもらいオマンコの筋をなぞると……

ヌルっ……

完全に濡れていました!

同時におっぱいを舐めていくと、さらにヌルヌルになってきます。

「すっごい濡れてるね」

そう言うと、シオンちゃんはバスローブでお顔を隠しちゃいました。

パンティーを脱がそうとしますが、また脚をモジモジさせてなかなか脱がしてくれません(笑)
「うふふ……ダメ……」
しかし内ももを撫でているうちにだんだん力が抜けて脚が開いてきました!
(ニヤリ……)

スルスル……

(おおっ!)

なんとパイパンだと思っていたシオンちゃんは少しだけ毛を残していました!

アンダーヘアの形の作り方は?人気の10種の整え方を解説

上の図でいうと「トライアングルミニ型」くらいです(笑)
ちなみに全身脱毛に通っているそうです。

本気のクンニ

内ももにキスをして、オマンコ周辺に近づいていきます。
指で膣口を触ってみると、指先にエッチなお汁がたっぷりつきました。
子どもがつまみ食いをするときのようにシオンちゃんに見つからないようにコソッとそれを舐めます。

体温が高くカラダがポカポカなシオンちゃん。オマンコはさらに熱を帯びていました。
耳を舐めたときのように、ビラビラに下唇をちょんとつけます。
「んんっ……」
喘ぎ声はかなり控えめですが、全身がピクピクするので反応がわかりやすいです。

まずはクリトリスの形状を舌で調べていきます。
「うっ……」
(なるほど、なるほど)
大きさや形は人それぞれ違うので、舐めるポイントも微妙に違ってくるのです。
ちなみにシオンちゃんはオマンコにまで品があり、回らないお寿司屋さんが出すサーモンのようなプリプリの食感でした。

クリトリスの上部を舌先でツンツンしながら舐めていきます。
「ああっ……」
気持ちよさそうな吐息が漏れてきました!

膣口に口をつけて愛液をすくい取ります。
(おおおっ!)
中からどんどんと溢れ出てきます!
それと同時にオマンコのお肉がひくひくと動いていました。

クリトリスに口をつけたまま吸引していきます。
「んんっ……」
シオンちゃんの脚がびくんとして、そのあとキュッと力が入ります。
吸引しながら舌先でクリトリスを弾くように舐めていきます。
「ああっ!」
するとクリトリス自体が呼吸をしているかのようにうねうねと動いてきました!
(うひょー!)
エロい!エロすぎです!

おっぱいがめちゃくちゃ感じていたシオンちゃん。
クリトリスを舐めながら両手で乳首を触っていきます。
「んんっ!んっ!」
指と舌を同じリズムで動かしていくと、そのたびに腰を震わせています。
愛液がまたさらに溢れてきました!

そしてヌレヌレになったオマンコに中指をゆっくり入れてきます。
処女のオマンコに指を入れるくらいのスロースピードで挿入!
「ああっ!」
膣内はうにょうにょといやらしく動いています。

「痛くない?」
「気持ちいい……」

濡れまくっている膣壁を指の腹でクイックイッと軽く押していきます。
「ああっ……」
くちゅくちゅと超エッチな音が聞こえてきます!
これ以上に心地良い音はこの世にありません!最強のASMRです!

指を入れながらクリトリスをペロペロします!
「ううっ……」
オマンコの中もだんだんほぐれてきました!
「あっ!あっ!あっ!」
クリトリスの皮を剥きながら舐めるとさらにビクビクと反応が良くなります。
「舐めるの強くない?」
「気持ちいい……」

それからクリトリスがふやけるほど長時間舐めまくりました。

お尻の穴をペロリ

オマンコから口を離すとシオンちゃんは両手を広げながらハグ待ちをしていました。
ギュッと抱きしめるとカラダはさらにポカポカに……

「昨日は緊張して眠れなかった」
「今も緊張してる?」
「ううん、今は大丈夫♪」

添い寝をしてイチャイチャしたあとは、背中にキスをしていきます。
「んんっ……」
肩甲骨が浮いて天使の羽が美しすぎです。
綺麗すぎる背中にチンチンをこすりつけたい衝動にかられましたがここはグッと我慢です(笑)

舌を上下に往復させながらベロベロと舐めていきます。
「ううっ!」
背中もかなり敏感なようです。

そしてだんだんとお尻のほうへ下がっていきます。
プリッとしたお尻のほっぺにキス!
「んんっ……」
お尻を舐められて声が出ちゃっています!
なんてエッチなのでしょうか!

(これはアナルも舐めてもええよな?)

アナルの谷に突入していきましょう!

「だめっ!だめっ!」

シオンちゃんはどこを舐められるか気づいたようです。
こちらに手を伸ばしてきました。

「大丈夫だよ力抜いて」
「やだっ!だめっ!」

制御がきかなくなった私はシオンちゃんのお尻の穴を少しだけペロペロしてしまいました~
完全に舐め犬失格です!

メスの舐め犬?!

お嬢様のアナルを舐めることができて私は大興奮です!
私欲のために暴走してしまい、本当に申し訳ございません。

でもここからさらに私は暴走します!

ギンギンギラギラソーセージをシオンちゃんに触らせました!(ネタが古い)

「ふふ、おっきくなってる♪」

うっすらと笑みを浮かべながら、細く綺麗な手でカリの部分を刺激してきます!
まったく恥ずかしがる様子がありません!
(むむむっ!これはどういうことだ?)
責められていたときとキャラが違いすぎです(笑)

そしてこちらの乳首をチュパチュパと舐めてきました!
「ふふふ……」
乳首のあとは布団の中にもぐってソーセージをペロリ!

ソーセージだけでなく肉団子もしゃぶってきます!
(ひえ~!)
とんでもないスキルです!
完全にメスの舐め犬やないかい!

彼氏の前戯ではまったく気持ちよく感じられなかったシオンちゃん。
しかし、このご奉仕を見る限り、相手には前戯をたくさんしてあげているのでしょう。
それは満足できなくなるのも仕方ありません。

「ありがとう」
私はカラダを起こしてシオンちゃんにキスをしようとします。
「舐めたあとだからだめ……」
そう言ってぷいっと横を向いてしまいました。
「気にしないから大丈夫だよ」
「やだ……」
私は自分の精子でも気にせず飲めるタイプなので、フェラをしてもらったあとのキスなど朝飯前です。
シオンちゃんの顔を抑えながら軽くキスをしました。

その後もシオンちゃんは私の股間を触ってきます!
そして調子に乗った私はさらに暴走しておねだりをします!

すると……

「ダ~メ♪」

完全に警戒されていました(笑)

(うおおおお!)
しかし逆にめちゃくちゃ興奮します!
舐め犬としては本当に完全失格ですが、妙な満足感で満たされていました。

チェックアウト

時計を見るともう5時間が経過!
ほぼ休憩なしでずっとエッチなことをしていました!

食事やお風呂を挟むと5時間はわりとすぐ過ぎますが、ぶっ通しプレイで5時間も経っているとは思いませんでした。
なので今回は食事レポはありません(笑)

「時間大丈夫?」
「うーん、ちょっとまずいかもしれないですね」
遅くなるとご両親が心配してしまうそうです。
急いでホテルを出なくてはいけません!

助手席に乗ってもらいショッピングモールに戻ります。
「楽しかったので時間が過ぎるのが早く感じました」
シオンちゃんは就活の面接を終えたあと、仲間同士でサイゼのドリアを食べている学生のようにリラックスしています。
会ったときのような緊張感はありません。

そしてベッドでのエッチに積極的なオーラは消え、清楚でおしとやかなシオンちゃんに戻っていました。

利用したホテル
HOTEL LUCE(ルーチェ)
宮城県名取市植松田野部84