女性用お問い合わせフォーム

性欲旺盛な女子大生が5時間クンニでイキまくり

性欲の強いJD1

「ブログは高校生の頃から見ていました(笑)」
現在、大学生1年生のワカナちゃん(仮名)は、彼氏との初体験も済ませ、エッチなことに興味津々です。

彼氏とは高校生の頃から付き合っていて、今でもラブラブなのですが、エッチをする体力がないらしく、ワカナちゃんがイキまくるほど責めてくれないのだといいます。
「わたし性欲強いので満足できないんですよね(笑)」
一応、前戯やクンニはしてくれても「挿入・射精・賢者タイム」というお約束のパターンが不満なのだそうです。

JDのオナニー事情

ワカナちゃんは不満な気持ちをいつもオナニーにぶつけています。
最近はAmazonで『吸うやつ』という名前のおもちゃを買ったそうです。

アソコを吸われながらせめることで、今までに体験したことのないエクスタシーを味わってみたい方へ、絶対にお試し頂きたい。

「クリは気持ちよく感じるんですけど、中の気持ちよさはまだわからないんですよ」
中を自分で開発するために、おもちゃを使って練習しているのですが、なかなかコツが掴めないそうです。
エッチをしているときは「チンチンが動いてるな~」と感じるくらいで、あまり気持ちよくないのだといいます。

検温

お会いする前に検温に協力していだきました。

私は35.9度、ワカナちゃんは36.0度!
惜しいけど残念!ピタリ賞ならず!

久々の仙台駅待ち合わせ

駅前は家族連れが多く人で賑わっていました。

仙台駅東口

交番の前でイキりながら立っていると、ワカナちゃんから「着きました」とメッセージが届きました。
服装を聞いていたので、ワカナちゃんらしき女の子に声をかけます。
「こんにちは~」

ワカナちゃん

ワカナちゃん
  • 年齢:19歳
  • 身長:160センチ
  • 交際:彼氏あり
  • クンニ以外の希望プレイ:指入れ、顔面騎乗
きゃ、きゃわ~!

クンニ藤川

脚の長いスラっとしたスタイル、キレイな歯並び、クリクリのおめめで童顔、笑ったときにできるえくぼが死ぬほどかわいい!
大学の健康診断で身長を測ったら少し縮んで160センチになったらしい。
何度か依頼しようと考えていたそうですが、身長がオーバーしていたので止めていたそうです。
こんなにかわいい子が依頼しようと悩んでいたのに、身長制限とか作ってすみませんでした(笑)

助手席に乗ってもらいホテルに向かいます。
ワカナちゃんは、マスクを外して、こちらを見ながらずっとニコニコと話しているので、私の口元の筋肉はダルダルに緩みました。

今年の春から大学生になったワカナちゃんですが、対面授業が始まったのは9月末からだそうです。
「学校、始まってよかったですね」
「オンラインのほうが楽でしたよ、早起きしなくていいですし(笑)」
「えっ?そういうもんですか?」
「もう大学に友達もできたので、対面しなくていい授業はオンラインにしてほしいです(笑)」
「なるほど~」
これは私もワカナちゃんに同意です。
仕事も勉強もオンラインで事が足りるのなら、わざわざ通勤・通学する必要はありません。

しかし、世の中がどれだけ便利になっても、絶対にオンライン化できないものがひとつだけあります。

それはクンニです。

クンニという行為は、対人間でなければ不可能なのです。

ホテルに到着

街中のラブホテルに来るのは初めてです~
ワカナちゃんと彼氏はお互いに実家住まいなので、いつも自転車で家から近いラブホテルに行くことが多いそうです。
わりと”ラブホ慣れ”しているらしい。

今回は繁華街(立町)にある『ホテルブラスト』を利用しました!

ホテルブラスト 外観

6月にリニューアルして外観はLEDでビカビカに変わっていました。
正面の入口から入ると超目立ちますが、裏口はそれほど目立ちません。

ホテルブラスト 裏口

近くのコインパーキングに車を停めて、ホテルまで歩いていきます。

ホテルブラスト 裏口

ホテルに入るとフロントにおばちゃんが立っていました。
(うおっ!視線が気になる笑)
モロ対面で丸見えです!カーテンなどの目隠しはありません。

速攻で部屋を選んで、横にあった事前精算機で精算します。
(アタフタ……アタフタ……)
郊外にあるラブホは90%後払いですが、繁華街近くのラブホは前払いが多いです。
このあたりは(夜は)治安がよろしくないので、お金を払わないで部屋を出てしまう人が多いからだと思います(笑)

部屋に入りました。

ホテルブラスト 部屋

ホテルブラスト 部屋

(あれ?どこをリニューアルしたの?)

部屋の中はほとんどリニューアル感がありませんでした。
2年前に利用したときとほぼ変わっていません。

巨乳アイドルフェイスのパイパンちゃんをクンニ@仙台市・立町

お風呂にはサウナがついていましたが、洗面所はベッドの側にあるので少し不便です。

ワカナちゃんはラブホ経験値が高いので、10代の女の子特有の「きゃ~ラブホってこんなところなのね~ワクワク」的なリアクションはありません(笑)
春に高校を卒業したばかりと思えないほど落ち着いています。

「お水買ってきました!どっちがいいですか?」
いろはすのモモとブドウを買ってきてくれたワカナちゃん。
(”お尻”と”乳首”か悩むな……)
とりあえずお尻をペロペロしたい気分だったのでモモを選択。
(本当にありがとうございました!)

プレイ開始

少しお話をしてから、シャワーに入りバスローブに着替えました。

ワカナちゃんはベッドにあがって枕元のパネルをいじっています。
「あっ!真っ暗になった(笑)」
「このままでいい?」
「うーん、もう少し明るくてもいいです」
顔の表情がはっきりわかるくらいの明るさでプレイスタートです。

薄い前髪をかきあげると、つぶらなおめめが見えてきました!
「かわいいね」
耳元でそう言うと、恥ずかしそうに下を向きます。
(最高や……)

ベニヤ板のように細いカラダをハグをします。
するとワカナちゃんは、トトロのメイがサツキとはぐれて再会したときのように、勢いよくギュッと抱き返してきました!
「えへへ♡」
(うわ~超かわええ……デレデレ)
話しているときは大人っぽい印象があったワカナちゃんでしたが、ベッドの上ではニャンニャンキャラのようです。

ハグをしながらお耳の近くでスーッと深呼吸していきます。
「はんっ……」
まだ触れてもないのにエッチな声が漏れてきました!
これは超敏感ちゃんの予感がします!

お手手をギュッと握ると、しっとりと手汗をかいていました。
「汗かきやすいので恥ずかしいです……」
(ニヤリ……)
「緊張する……」

今度はお耳にキスをしていきます。
「はぁん!」
首にもチュッチュとキスをしていきます。
「うううっ……」
ワカナちゃんは小刻みに震えながら感じています。

「ちょっと明るくなってきちゃった……恥ずかしい……」
時間が経って目が慣れてきたようです。
ベッドに横になってもらい、電気を消すと、顔のパーツがなんとか認識できるほど暗くなりました。

すっべすべのぽっぺたにキスをしていきます。
唇にもキスをしようとしましが、ワカナちゃんは彼氏とラブラブっぽかったので、とりあえず自粛……

と、思ったのは一瞬で、反射的に唇に到達していました(笑)

チュッ……

「エヘヘ♡」

ワカナちゃんはほっぺに深いえくぼ作りながら照れ笑いをしています。

(うおおおぉぉぉ!)

このえくぼは完全に恋の落とし穴です。

バスローブを脱がせると、もぎたての果実のように水を弾くスベスベのお肌が露出しました。

肩と腕を舐めてから、ひじの内側をペロペロしていきます。
「あああっ!」
かなり大きな声が出てきました!
こんなところを舐められて声が出ちゃうなんて、えちえちですなぁ~

手首もペロペロします。
するとワカナちゃんは指を舐められないように、軽くこぶしを握りました。
「手は舐めちゃだめっ!」
「じゃあどこなら舐めていいの?」
「そ、それは(笑)」

次は左腕をペロペロします。
そしてワカナちゃんが油断した瞬間、左手の指をパクリ!
「いやん♡」
(うひょー!)
美少女のミネラルを補給です!

かわいいおっぱいを愛撫

ブラジャーを外すと、ワカナちゃんは眉をキリッとさせながらこちらを見ていました。
腕を交差させて乳首を見られないようにガードしています。
(ニヤリ……)
おっぱいの脇に指を這わせていきます。
「はぁ……はぁ……」
周辺を触っていると、いつの間にかガードは外れていました。

乳首の先を指先で優しく触っていると、コリコリと硬くなってきます。
硬くなったところで乳首をペロリ!

ジュルジュルと音を立てながら舐め回していきます!
「あああああっ!」
ワカナちゃんは大きなあえぎ声を出しながら、腰をクネクネさせています。

おっぱいを舐めながら感じているワカナちゃんに視線を合わせました。
「はじゅかしい♡」
(きゃわ~!)

おっぱいを愛撫しながらオマンコの様子を探りにいきます。
まずは毛の有無を確認です。

サワサワ……

(よしっ!)

服屋のマネキンが着ているモンクレールのダウンジャケットを触ったときのように、確かな羽毛感を感じることができました。
また、オマンコもグチョグチョに濡れていました。

パンティーは脱がさずに今度は太ももをペロペロしていきます。
脚がすらっと長いので舐め甲斐があります。

ふくらはぎを舐めたあとは、少しひんやりした足を掴みました。
「えっ?」
足の親指を、パクリ!
そしてペロペロ!
「いやっ!いやっ!ああああ!」
有線から流れていたPPAPがかき消されるほどの大声が出ます!
(なかなか反応がいいねぇ~)
カップの底に溜まったタピオカ吸うときのように、一本一本じゅるると吸い上げました。
「くしゅぐったかった♡」
(ニヤニヤ……)

金メダル級のマン毛

そろそろパンティーを脱がしていきます。
「脱がしちゃうよ」
ワカナちゃんは口元を左手で隠しながらコクリとうなずきました。

脱がした純白のパンティーを枕元に置いて、脚をゆっくり開かせていきます。
(おおおっ!……)
私はワカナちゃんのマン毛を見て、目がプリクラを撮ったときのように大きくなりました!
金メダル級に芸術点の高い、超美マン毛だったのです!

大粒の涙を流しながら、パーフェクトマン毛にキスをしていきます。
「ぅんんっ……」
愛液はお尻のほうまでダラダラと垂れています。

ペロリ……

(うまい!うまい!うまい!うまい!)

電車で駅弁を食べる煉獄さんのように一心不乱に愛液を舐めまくります!

愛液を舐めたあとはクリトリスにキスをします。
「ああああんっ!」
するとワカナちゃんはクイックイッとやらしく腰を動かして、私の舌にクリトリスをこすりつけてきました!
(エッロ!)

クンニしていると、クリトリスがレンジに入れたお餅のようにぷくーっと膨らんできました。
舐めやすい大きさになったので、今度はチューチューと吸っていきます。
「ああああっ!」
吸うたびに腰が上下左右に動きまくります!
暴れすぎてワカナちゃんのカラダは斜め45度に傾いてしまいました。

クリトリスを舐めながら乳首を触っていくと、さらに腰がグイグイと動きます。
腰の動きが激しすぎて舌がついていくのがやっとです。
彼氏がクンニをして疲れてしまった理由がわかりました(笑)

今度はオマンコを手でくぱぁと開きながら上下にベロベロと舐めていきます!

「ああっ!」

するとワカナちゃんからおねだりが……

「ゆ、指も入れてほしい……」

(ニヤリ……)

にゅるにゅるになったオマンコに中指を挿入しました。
「はあああん!」
「中は感じない」と言っていましたが、反応がものすごく良いです。

指の第二関節をクイッと曲げて、膣の天井をナデナデしていきます。
「だめっ!それ気持ちいい……」
ワカナちゃんは私の手をぎゅっと握ってきました。

指だけでこんなに感じるのなら、クリトリスも一緒に舐めたら大変なことになるでしょう。
(ニヤリ……)

オマンコの中で指をウネウネと動かしながらクリトリスをペロリ!
「ひゃあああああ!」
背骨が反り返り腰が浮きました!

腰が浮くとクンニがしやすくなります!

「ああん!ダメっ!」

吸引力をさらに上げてペロペロ!

「あああっ!イクっ!」

ワカナちゃんの腰がトランポリンのようにビョンビョンと跳ね上がりました!

「はぁ……はぁ……」

イッたあとは真っ赤になったクリトリスを軽く吸っていきます。

「はぁぁんんっ……」

放心状態になっているワカナちゃんの頭を撫でながらキスをすると、ギュッと抱き返してきました。

クンニ後 ベッド

慣れない顔面騎乗

体力には自信のあると話していたワカナちゃん。
お水を飲んだらすぐに呼吸が整いました。
「次は、うつ伏せになって」

うつ伏せになったワカナちゃんの髪をかきあげて、うなじにキスをしていきます。
「ひゃあん!」
全身がビクッとしました。
ここまでプレイ開始から2時間近く経っていましたが、ワカナちゃんはまだまだ元気です。

背中をたっぷり愛撫したあとはお尻をナデナデしていきます。
「ぅんんっ……」
(ニヤリ……)
アナル舐めは希望されていませんでしたが、私の独断で決行します(笑)

すると勘のいいワカナちゃんは、こちらを振り返りながらこう言いました。
「お尻は舐めちゃだめです!」
「えー!?」
「汚いからだめっ!うふふ♡」
「OMG……」

アナルは舐められませんでしたが、次はお待ちかねの顔面騎乗です。
「今度は顔の上に乗ってみようか」
「えっ?!」
ワカナちゃんは少し戸惑っています。
(いやいや、自分がしたいって言ってたんでしょう笑)
いざ男性の顔の上にまたがるとなると、躊躇してしまうものなのかもしれません。

私はベッドでスマホをいじるときのように寝転がりました。

ワカナちゃんは自転車に乗るときのように、ガバッと脚を上げて私の顔にまたがってきます。
(うおおおお!)
金メダル級のオマンコが迫ってきました!
ものすごい迫力です!

私は自転車のサドル状態です。
ちょうどサドルの尖った部分に私の目があります。

下からワカナちゃんを見上げると、目の前には最高のマン毛、くびれたウエスト、ビンビンになった乳首、そして恥ずかしそうに頬を赤らめながら口元を手で隠しています。
(あぁ……)
芭蕉も言葉を失うほどの絶景がそこには広がっていました。

松島で食べた生がきのように、じゅるりとクリトリスに吸い付きます。
「ああんっ!」
ワカナちゃんはぐりぐりと股間をこちらに押し付けてきました!
(ひえ~!)

私はおっぱいに手を伸ばして3点同時攻撃をしていきます!
「ひゃあああっ!」
でも体勢がなかなか安定しません。

「体勢大丈夫?」
「ちょっとつらい……」

顔面騎乗は手が置ける場所がないと、長時間するのは難しいプレイです。
私は部屋選びを完全に失敗しました。
許してね♡

チェックアウト

最終的に指入れクンニで5時間で5回もイッたワカナちゃん。
長時間責めると途中で脚がガクガクになる女性も多いのですが、ワカナちゃんに疲れた様子はなくケロッとしています。
回復力が半端じゃありません(笑)

「じゃあお風呂入ろっか」
「はい!」
ワカナちゃんは普段、彼氏と一緒にラブホの泡風呂で遊ぶことが多いそうです。
と、いうことで今回も泡風呂にしました。
ただこのホテルの泡風呂(の素)は泡がサラッとしていてイマイチでした。

服に着替えて帰り支度をします。
ワカナちゃんはアイロンで髪を直していました。
私は枕元にあったラブホのポイントが貯まる機械にスマホをタッチ!

「それ、なかなか反応しないときありますよね?(笑)」
「おおっ!ワカナちゃんもハピホテ使ってる?」
「はい、アプリ入ってます(笑)」
まさか10代の女の子がハピホテアプリを使っているとは思いませんでした(笑)

ホテルブラスト 廊下

帰りは仙台駅西口でワカナちゃんを降ろします。
乗降場は車が進まないくらいくらい混み合っていました。
大きなキャリーバッグを持った人たちが、続々と車に乗り込んでいます。

やっと車が進み、ワカナちゃんは車から降りました。
運転席の前を通り、私と重なった瞬間、軽く会釈をして駅構内に入っていきました。

利用したホテル
ホテルブラスト
宮城県仙台市青葉区立町14-16