舐め犬活動再開しました!

酔った相手に生で挿れられた女の子の話

2019年8月某日 Mさん

国分町入口
(今日は遅くなっちゃったな、早く帰らなきゃ)
時刻は夜11時。
この日は友達と遊んで家に帰宅する途中でした。
普段はあまり通らない繁華街を通って帰ります。
国分町交差点
信号待ちをしていると、後ろから男の人に声をかけられました。
先輩A「おっ!Mちゃん(仮名)今帰り?!」
声をかけてきたのは先輩でした。
「あ、こんばんは」
先輩はもうひとりの先輩と一緒にお酒を飲んでいたみたいです。
先輩A「こいつ飲みすぎて酔っ払っちゃってさ~(笑)」
先輩B「ゲホゲホ・・・」
もうひとりの先輩は具合が悪そうです。
先輩A「そうだMちゃん、こいつを家まで送ってあげてよ!帰る方向一緒だったよね?」
「は、はぁ・・・」
こうして、わたしは先輩Bを家まで送ることになりました。
夜道
歩いている途中、先輩は何度も立ち止まって苦しそうにしています。
「ゲホゲホ・・・」
「大丈夫ですか?」
「うん大丈夫・・・Mちゃんのおうちはこのへんだっけ?」
「そうです」
「じゃあ、水を一杯飲ませてもらえないかな?ゲホゲホ・・・」
「わかりました・・・」
私は先輩を自分の家にあげてしまったのです。
犯人
(ニヤリ・・・)
女の子の部屋
部屋にあがった瞬間、先輩はわたしに密着してきました。
「先輩、ちょっと近いです・・・」
「ごめん、まだ頭が痛くて・・・ベッドで横になってもいい?」
「はぁ・・・お水はいいんですか?」
「Mちゃんもこっちにきてよ」
先輩はシャツを脱いで、わたしをベッドへと誘います。
そして強引にキスをしてきました!
「んん・・・」



わたしは抵抗できずに、服を脱がされてしまいました。
「じゃあ挿れるよ」
(えっ?ゴムは???)
先輩はコンドームをつけずに挿れてきました。
(痛い・・・)
前戯をいないし全く濡れていません。
すごく痛いです。



結局わたしは抵抗できずに生でセックスをしてしまいました。
「俺はいつも彼女とゴムつけないでしてるからね」
「そうなんですか・・・」
生で3回したけど大丈夫なのでしょうか?
精子が残ってたりするんじゃないの?
わたしは翌朝、舐め犬の人に貰った緊急避妊薬を1錠飲みました。

2019年8月某日 活動休止中の舐め犬

夜遅く、女性読者のMさんからLINEがきました。
(なんだろう?)
LINE
※本人の許可を得て掲載しています
(うわぁ・・・)
これは普通に強○です。
最低としか言いようがありません。
Mさんは私が以前渡した緊急避妊薬(アフターピル)を飲んだようです。
アフターピル 舐め犬
今年の5月、別の女性読者様から
「男の人に無理矢理、生で挿れられました」
という相談を受けたことがありました。
関連記事:オフパコで被害に遭った女の子の話
このときは女性にアフターピルを渡していなかったので、行為があった24時間後に飲んでもらいました。
アフターピルは飲むのが早ければ早いほど避妊の確率が上がる薬です。
Mさんの場合、すぐに飲めたのが不幸中の幸いでした。
アフターピルを12時間以内に飲んだときの成功率は99.5%です。
妊娠する確率は極めて低いでしょう。
しかし、Mさんは相当ショックを受けていました。
LINE
友達には相談したそうですが、もちろん家族には相談できません。
2日間ずっと泣きっぱなしで、食事も喉に通らなかったそうです。
(かわいそうに・・・)

1週間後

またMさんからメッセージが届きました。
LINE
消退出血が起きたようです。
アフターピルを飲むと、強制的に生理を起こすことになるので、出血があります。
この消退出血は、妊娠をしていないという証拠です。
とりあえず最悪の事態は避けられました。
でも、Mさんはまだ元気がありません。
温泉に行くのが好きなMさん。
ということで翌日、一緒に温泉に行ってきました~!
「まだ出血があるので温泉はちょっと(笑)」
「お、おう・・・そうだったね(汗)じゃあ岩盤浴にしましょう!」
岩盤浴なら、あわよくば汗をペロペロできるかもしれません!
(うひょー!)
岩盤浴
岩盤浴は男女共用です。
壁に「会話禁止」と書かれていましたが、運良く他のお客さんは誰もいませんでした!
(ラッキー!)
岩盤浴着の下はノーパン・ノーブラです!
(むむ!)
Mさんはボタンをかけ忘れて、ピンク色の乳首が丸見えになっていました!
「あの・・・乳首見えてるよ(笑)」
「えっ?」
当時は舐め犬活動休止中だったので、あまり誘惑しないでほしかったです(汗)
LINE

1ヶ月後

Mさんは無事、通常の生理もきました。
これで100%妊娠していないことが確定です。
妊娠検査薬
その後、Mさんは例の先輩と顔をあわせる機会がありましたが、何事もなかったかのように普段通りにしていたそうです。
どうしようもないクズです。

ピンチになったらどうすればいい?

「お酒を飲んで終電がなくなり、行きずりの相手とホテルや相手の家に行ってしまった」
という経験がある方は多いでしょう。
ある女性読者様はMさんと同じ状況になったとき、襲ってきた相手の金玉を蹴ってベッドから落としたと言っていました。
金玉を蹴るのは正直やりすぎですが、
ちゃんと「ゴムをつけて」と言わないと、今回のような事態になりかねません。
なにも言わないと「生でええんやろか?」を都合の良い解釈をしてしまう男性もいるからです。
私も舐め犬という立場ながら、セックスをすることはあります。
もちろんコンドームは使用します。
関連記事:舐め犬がラブホテルのコンドームを使わない理由
実際、そういう場面になり「ゴムつけてね♪」と口に出して言ってくる女性は30%くらいです。
やはり、直接言いにくかったり、つけてくれるだろうと思い込んでいる方が多いのかもしれません。
私はちゃんと「つけて」と言える女性にキュンキュンします。
とはいえ、直接言うのは勇気がいるでしょう。
以前、この記事で被害にあった女性読者様も、行為の最中は判断力が鈍っていて「ゴムをつけて」と言えなかったそうです。
状況が状況だけに、仕方ない部分もありますが、万が一のことになったら仕方ないでは済まされません。
みなさんも気をつけてください。
P.S.
もしかすると思い切って相手の金玉を蹴り上げるのが一番効果的なのかもしれませんね♪