舐め犬活動再開しました!

身の潔白を証明する舐め犬

昨日、保健所の「HIV・クラミジア」の検査に行ってきました!
場所は仙台駅近くのAER(アエル)です。
AER入り口
2階にスタバ、3階にユニクロがあります。
このあたりまでは人が結構います。
検査会場の6階まで来ると、人はほとんどいません。
AER エスカレーター
到着
AER 性病検査
保健所の検査は先着順に始まります。
前回の教訓を活かし、少し早めに行きました。
関連記事:保健所の検査に行った舐め犬
番号札を渡され自販機そばのベンチで待機します。
自動販売機
予定時間になると続々と人が集まってきました。
20代 男性3、女性2
30代 男性2
40代 男性1 女性1
70代 男性1
最終的にどれくらいの人数が来ていたのかは不明です。
問診票を渡されます。
これは前回書いたものと全く一緒でした。
会議室のようなところで待機します。
AER 会議室
後ろの席には性感染症に関する資料が大量に置かれています。
サイズが大きいの以外はすべて持ってきました。
舐め犬として性感染症の知識を深めることは、ある意味クンニをするよりも大切なことであります。
AER 会議室
5分後、番号を呼ばれ採血部屋に連れて行かれます。
Bluetoothスピーカーからミスチル曲が聴こえました。
桜井さんの甘い歌声が注射による緊張を和らげます。
「少しチクッとしますよ」
「はい」
注射の痛みなど、ヒゲ脱毛の痛みに比べたら屁でもありません。
あっという間に終わりました。
関連記事:クンニの質を高めるため「ヒゲ脱毛」に行った舐め犬
「だいたい40~50分くらいで結果が出ます、こちらのアンケートを書いてお待ち下さい」
今回は即日結果が出る検査でした。
アンケート
先ほどの会議室に戻り、アンケートを書きながら待ちます。
30分くらいで呼ばれました。
医者「結果は陰性でした。問題ありません」
「はい」
今回は無愛想で目も合わせない事務的な医者でした。
前回の青葉区役所で担当だった、丁寧にフ○ラのジェスチャーをしてくれたお医者様が良かったです。
アンケートを箱に入れて終了
アンケート箱
所要時間は約1時間でした。
HIV梅毒 検査結果
HIVや梅毒の検査は、
私と同じように
「誰かに身の潔白を証明するため」
に来る人がいると思います。
奥さんであったり、彼女であったり、セフレであったり。
そもそもHIVや梅毒になって熱が出たり、肌に異常が出たらすぐに病院に直行します。
のんきに検査を受けに行っている場合ではありません。
舐め犬やオフパコ師として活動している人が、性感染症検査を受けるのは基本中の基本です。
これは以前にも載せましたが、しっかりと検査を受けて活動している人は他にもいます。


ネットで知り合った男性に直接会ってから
「性病とか大丈夫ですか?」
と聞くことはなかなかできません。
まずは会う前に一度聞いてみるのが賢明です。
検査を受けると必ず証明書が発行されます。
証明書の写真を送ってもらうといいでしょう。
HIVの検査は全国のほとんどの自治体で無料で受けることができます。
匿名ですし、ネットから予約することもできるので便利です。
それほど手間はかかりません。
「俺、性病じゃないし検査するのは面倒だわ」
などと言っている舐め犬やオフパコ希望者がいたら、一旦考え直したほうがよいでしょう。
性病検査すら面倒くさがっている人に、女の子に丁寧な前戯をしてあげることは不可能だからです。